古民家の改装・リフォームとは?

古民家の改装・リフォームとは? 押さえておきたいポイントを解説

 

都市開発や新しいマンションが目まぐるしく建設されている中で、現在でも日本には多くの「古民家」が存在しています。新築の住宅も良いですが、歴史があり暖かな雰囲気のある古民家も良いですよね。

今回は、そんな古民家の趣を残しつつリフォームを考えている方に、その費用や相場、改築の際の細かな注意点などについてご紹介します。

1.古民家の定義

まず古民家の定義ですが、厳密に言うと、正式なものはありません。しかし、その建物を確認してそれが古民家かどうか判断することは可能です。一般的にはその建物が古民家かどうか判断する線引きは、その建物の築年数が「築50年以上」であるかどうかで見分けていきます。
例えばそれが、国の文化財登録制度の対象になる民家もあてはまります。ですので、簡潔に説明すると「50年以上前に建てられた建物は全て古民家」になります。

上の定義だと「50年以上経過しているのに古民家っぽくない」という建物もあるでしょう。古民家の定義にはもう一つあり、これは一般社団法人古民家再生協会が定めているものになります。これは「昭和25年時の建築基準法の制定時にすでに建てられていた建物は【伝統的建造物の住宅】」というもので、この条件によれば、50年経過していても古民家とは限らないことになります。

また、この条件に関係なく、古民家と称される建物もあります。例えば「50年以上前の建材を使用して最近作られた建造物」「50年以上前に建てられた古民家を改装した建造物」「伝統的な手法を使って建てられた建造物」などです。つまり、比較的新しく建築された建物でも古民家と称されることがあるということです。
このことから古民家の正式な定義はなく、古民家というのはかなり広い範囲の建物を指していると言えます。

 

2.リフォームとリノベーションの違い

リフォームリノベーションの違いは、住宅の改築を考えている方からすると、知っておきたい知識ですよね。この二つは混同しやすいのでしっかり分けて理解しておきましょう。

 

リフォーム

リフォームとは、老朽化してしまった住宅を新築の状態に戻すことを指しています。基本的にはリフォームは悪い状態から戻すことをいいます。建物の老朽化している部分を改築したり、綺麗にしたりすることをいい、「マイナスの状態だったのものをゼロの状態に戻す」という意味合いがあります。なので、外壁塗装壁紙の張り替えキッチンの装備の変更などがこれに当たります。

 

リノベーション

リノベーションは、今ある住宅に大規模な改築を行うことで、新築の時よりもさらに住宅の価値を高めたり、性能を向上させたりすることを言います。リフォームは「マイナスの状態だったものをゼロの状態に戻す」ということに対し、リノベーションはリフォームの範疇を超え、現在の状態からプラスで何かをつけ加えたり、価値をあげたりすることを指しています。

デザインをより現代的なものにする、ご自身の生活スタイルに合わせてさまざまなものを追加させることも含んでいます。例えば、地震への対策が重要だとされているため耐震性を強化したり、家族の人数が増えたので間取りを新しいものにしたり、といったことをリノベーションと言うこともあります。

 

3.古民家改築の費用と相場

古民家の際の改築費用は、建物の階数床面積で変わってきます。また古民家のリノベーションでは、柱以外を解体して、そこから改築を始める「スケルトンリフォーム」という手法を取り入れているため、他の建物より費用はかかってしまいます。床面積別の費用は以下になります。

 

*20坪:1,400~1,800万円

*30坪:1,700~2,200万円

*40坪:2,000~2,600万円

*50坪:2,600~3,400万円

*60坪:3,200~4,200万円

 

その他にも、設備のグレードや、元々の建物がどのくらい劣化しているかによっても費用は変動してきます。

 

4.古民家改築なら工務店とメーカーのどちらに依頼するべき?

古民家改築の際の工務店メーカーでは、費用の面で大きく違いがあります。基本的に地元の工務店の方が安く、大手メーカーの方が高くなっています。古民家改築にはやはり多くの費用がかかってしまうため、費用を抑えたい方は工務店の方に依頼をすることをお勧めします。

工務店と大手メーカーとでは1000万円ほど費用が変わる場合もありますので、よく検討することが必要です。工務店では広告に費用をあまり掛けてはいませんが、メーカーですと広告費に多く費用をつぎ込んでいるため発注費用に差が出てくる、ということもあるからです。

 

5.まとめ

今回は古民家とはどう言ったものなのか、またリフォームとリノベーションの違い、その費用についてもご紹介してきました。古き良き古民家も現代の地震の影響などを考慮すると改築したり、耐震性を上げたりした方が安心して暮らすことができます。

「現在の住宅を改築したい」「リフォームやリノベーションを考えている」という方はぜひお気軽に、『 櫟(いちい)工務店 』までお問合せください。

 

 

2020年8月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031