住宅の資金の相場とは?

住宅の資金の相場とは?

 

多くの人が望む「マイホーム」。誰しも一度は自分の家が欲しいと思ったことがあるはずです。私有の住宅は多額の家賃を毎月払わなくていいだけではなく、所有しているだけで資産にもなりますし、将来的に自分のお子様に譲りわたすといったことも可能です。

今回はそんなマイホームを、工務店を通して建設する際の費用の相場についてご紹介します。
(なお、今回提示している費用はあくまで一般的な相場であり、弊社の金額ではないことをご了承ください)

1.新築住宅-工務店の場合の相場

新築住宅を工務店に依頼して建築する際の価格は、建設する場所大きさ土地の所有の有無などによって大きく変わってきます。
まずその土地を所有しているかいないかで、平均で1,000万円ほど値段が変わってきます
また建設する場所によっても大きく費用が変わってきます。以下で見ていきましょう。

 

【土地あり】            【土地なし】

・首都圏 3,586万円       ・首都圏 4,666万円

・東海圏 3,377万円       ・東海軒 4,075万円

・近畿圏  3,288万円       ・近畿圏 4,081万円

・その他  3,066万円       ・その他 3,506万円

・全体的な平均 3,274万円    ・全体的な平均 3,944万円

 

このようにその土地を所有しているか否かでトータルの費用に大きな差ができます。
そのほか、都道府県でも坪単価の値段が変わってきて、坪単価ではやはり東京が一番高額、そして宮崎県が一番安くなっています。同じ都道府県の中でも、人気のある地域であったりすると費用が高くなってきますので、そのような細かな点にも注意をしておきましょう。

 

2.リフォーム住宅工務店の場合の相場

今回は新築住宅ではなく、住宅のリフォームを工務店に依頼する際の相場について見ていきます。この場合はどのタイプの建物にリフォームするのか、また、どのグレードにするのかによって費用が変わってきます。一般的にはマンションで「600~1,000万円台」、戸建てで「1,000~2,000万円台」になります。大手メーカーや中堅のメーカーに比べても工務店は広告費にお金をかけておらず、デザイナーや営業マンとも契約していないので、下儲け会社への利益が見積もりに反映されず、費用が安く済むことからかなりおすすめです。

 

3.リノベーション住宅工務店の場合の相場

リノベーション住宅の相場は、リノベーションをされる本人がどういった設備を希望しているのかで費用が大きく変わってきます。主に、リフォームは現在の住宅の欠陥点を補修する「マイナスからゼロ」の工事になってきます。これに対してリノベーションは現在の住宅の機能にさらに何か付随して性能を向上させたり、家族の人数が増えたので間取りを変更したりと言った「ゼロからプラス」の工事になります。

そのため費用は依頼主の状況次第ですが、一般的な工務店のリノベーション費用相場としては800~1,200万円となり、費用の振り幅が広くなってきます。二階建て住宅なのか、どのくらいの広さなのか、また、その住宅がどこに建つのかなどの立地も大きな要因になります。

また、キッチンなどはグレードがあるので、どのグレードのものを使うかでも費用が変わってきます。使う人が使い勝手のいいキッチンを選ぶのがいいでしょう。しかし、やはりこちらも全体的にみると工務店に依頼した方が費用は安くなります。大手メーカーだと、より多くの職人さんと契約をしていたりするので、その方達にまわす費用分やはり工務店のほうが安く収まる傾向にあります。

 

4.住宅資金の作り方と頭金

住宅を購入するのは人生の一大イベントで、購入する前にすることや考えることがいろいろあります。また多額の費用がかかるため、計算してうまく資金を形成しなければなりません。多くの場合、住宅ローンを組んで何年かに渡り分割で支払っていく形になります。
頭金に関しては「物件価格の2割」が頭金の支払金額と言われています。例えば、3,500万円の物件を購入するとして、その場合の頭金は700万円になります。また諸費用に200万円、手元に資金100万円を残すとしたら、1000万円の貯蓄が必要ということになります。

資金計画を無理してしまうと、その後の生活が苦しいものになってしまいます。なので、計画は無理のないように立てましょう。その際に必要なのは「可能な返済額から考える」ことです。上記の「頭金2割」は、その金額を用意できれば余裕のある返済ローンが組める、という一つの目安に過ぎません。ご自身にあった返済ローンを組んでください。

 

5.まとめ

今回は建物を建設する際の工務店の相場とその資産の作り方、頭金についてもご紹介しました。誰もが一度は夢見るマイホーム。事前に調べてしっかりと計画を立てれば購入することも可能です。また工務店に依頼をすれば費用を大幅に抑えられるだけではなく、細かな要望も答えてくれるので、よく相談してデザインや細かな設備について決められます。その後の生活に無理がないように計画を組むことが重要な注意点になります。

「新築住宅の建設を考えている」「リフォームやリノベーションでの住宅を考えている」「建設についてさらによく知りたい」という方はぜひ、『 櫟(いちい)工務店 』までお問合せください。

 

 

2020年8月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031